Just another WordPress site

レンタカー代

交通事故の慰謝料にレンタカー代を含めるための条件

交通事故、特に自動車同士の事故が発生したということになると、交通事故発生から修理が完了する、もしくは新しい自動車を購入できるまでの間自動車に乗ることが出来なくなってしまいます。
しかしそうなってしまったから車に乗らずに待とうというようにすることはできないことの方が多いでしょう。
それが営業用の車だというのであれば車がないと話になりませんし、日常生活でも車が必要になる場面は多々あります。
そうした場合には交通事故の慰謝料にレンタカー代を含めてもらいたいと思うものですが、実際に慰謝料にレンタカー代を含めるには二つの条件を満たすことが必要になります。

まず一つ目の条件となるのが「実際に代車としてレンタカーを使用したこと」です。
これは当然のことですが、もし代車を業者から借りた事実がないのであれば慰謝料としてレンタカーの費用を請求することはできません。
これは「無くとも生活が出来ていた」ということの証明になりますから、結果として慰謝料には含める正当性がないとして判断されるからです。

借りてもいない費用を請求することは出来ないというのは基本中の基本のことです。
次に二つ目ですが、これは「交通事故によって代車の必要性が生じた」ということになります。
代車の必要性があることと言っても交通事故を起こしたのだから必要なのは当然だと考える人もいますし、確かに多くのケースではその必要性は認められるものとなっています。

先ほど少し触れた営業用の車が事故に遭った場合や、日常生活の中、例えば買い物や通勤・通学などに車が必要だったにも関わらず交通事故で車が使えなくなったというような場合には問題なく必要性が生じたとして判断されることでしょう。
ただ中には、一人で複数の自動車を持っているというような人もいます。
もちろん家族に複数台あっても常に家族の誰かが使用していて自分の分がないというのであれば別ですが、複数台の車があり、それを活用すれば問題なかったはずなのにレンタカーを借りていたということになると、それは必要性があったとは判断されない可能性が出てきてしまうのです。

交通事故の慰謝料としてこの費用を含めるにはこう言った条件を満たす必要があります。
とはいえ纏めてしまえば「代車が必要な時に借りたのであれば慰謝料に含めてもらえる」ということになりますから、本当に必要なのであればほとんどの場合で認められるとして考えて良いでしょう。

交通事故の弁護士はそういった細かいディテールも抑え、被害を受けた側にアプローチかのです。

ただより確実に慰謝料に含めてもらいたいのであれば、保険会社などに相談して問題ないかどうか判断をしてもらったうえで借りるようにすることをお勧めします。