Just another WordPress site

損しない方法

交通事故の慰謝料で損をしない方法

交通事故の被害に遭ってしまった場合にはそこで生じた自分の怪我を治療するためにもその費用を交通事故の加害者に支払ってもらうということになります。
この治療のために必要なお金に応じて決まるのが慰謝料であり、実際には治療に必要になる金額は治療費、仕事を休んだことで失った利益を補てんしてもらう休業損害というように全く別のものであることは知っておきましょう。

さて、ですがここで注意したいのが相手の保険会社と交渉して決める交通事故の慰謝料は結果として損をしてしまっている人が非常に多いということです。
まず交通事故の慰謝料についてですが、これはいくつかある基準のうち一つを適用させて計算されることになります。
この基準としては自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準とあるのですが、この中でも最も金額が少ないのが自賠責基準です。

実際のところ自賠責基準を適用して慰謝料を計算しようとする保険会社はかなり少ないですが、この最も慰謝料が少額になる自賠責保険に少し上乗せをして最初に打診をかけてくるところがあるのも事実です。
ですがこの基準だと明らかに自分の被害に対して支払われる額が少ないと多くの人が感じますから、ここで支払われる金額が決まることはあまりありません。
するとどうなるのかというと、次は任意保険基準を参照して保険会社が支払う額を提案してきます。

この額は任意保険会社が支払っても良いと考える上限でもあるため、交通事故がそこまで酷くないものであったり、これ以上話がこじれるのは避けたいということだと多くの人が妥協する点ともなります。
つまりこの時点で最初の自賠責基準で納得してしまった人は、本来貰えたはずのお金を手に入れられない損をしてしまっているのです。
ですが本当に高額な慰謝料を手に入れたいのであれば、ここから最も金額が大きい弁護士基準を狙っていくことになります。

この弁護士基準は保険会社の損得を考えずに裁判所が妥当と判断した金額をベースにするため最も高額になります。
ただ弁護士基準はどのような場合でも適用させることが出来るわけでも無く、それぞれの事故の状況に応じて法的に妥当だと判断できる根拠を示して相手に主張しなくてはなりません。

そのため交通事故処理に秀でた弁護士などに依頼をすることが必要になってきます。
もちろんどのような状況でも弁護士に依頼するべきだとは言えません。

例えばほとんどケガをしていないような交通事故で元々支払われる慰謝料が少額だったということであれば、任意保険基準でも満足できるでしょう。
ですが交通事故で自身が明らかに大きな損害を受け、相手が提示する金額に納得できないというような場合には、弁護士基準を適用させるためにも弁護士などに相談して見ることをお勧めします。