Just another WordPress site

効率的に請求

交通事故では慰謝料と損害賠償を効率的に請求すること

民間トラブルで多い案件の一つに交通事故に関連するトラブルがあります。特に、自動車同士で交通事故を起こしてしまった時には、被害者の方は加害者に対して請求することができる権利が二つありますので、まずはその権利関係に関してしっかりと吟味して検討しなくてはなりません。

基本的に、交通事故に関連して請求することが可能な権利は慰謝料請求と損害賠償の二つがあることを知っておきましょう。
慰謝料請求は、交通事故によって人間に対して直接的に大きなダメージを与えられた時に請求することが出来る権利です。直接的なダメージというのは、法律的に精神的な損害であると解釈されていますが、難しいことを考えなくても事故によって被害者が怪我をして苦痛を伴った時には間違いなく請求することが出来る権利なので、その請求金額は被害者の身体的な怪我の度合いによって大きく異なると言えます。

実際に、被害者に対して後遺症が残るほどの怪我を加害者が背負わせた時には、通常では考えられないほどの慰謝料を相手に対して請求することが可能です。最も重い障害を背負わせてしまった場合には、通常の慰謝料請求の数十倍以上の金額を請求することも可能ですので、その違いに関してはしっかりと認識しておきましょう。

そして、もう一つ交通事故に関連して加害者に対して請求することが可能な権利として損害賠償請求というものが認められています。損害賠償請求というのは、被害者本人の損害に関して請求する権利ではなく、被害者が乗っていた自動車の損害に対して行う請求のことを言います。例えば、乗っていた自動車が大破して修理に50万円程度のお金が必要になってしまった時には、この50万の範囲内でのみ損害賠償請求をすることが出来るわけです。慰謝料との大きな違いは、明確な請求金額の上限が存在するか否かにあります。慰謝料の方は、法律的にも請求金額に明確な上限がないので被害者本人が請求したい金額を加害者に対して請求することが出来ます。それによって相手が全額支払ってくれるかはまた別問題ですが、本人が望む金額を請求できる点でこれらの請求権の違いは明白であるといえます。

交通事故で大きな金額を請求するためには慰謝料の理解が必要ですが、自動車の損害に関しては被害者本人の精神的な苦痛とは関係がないということを理解しておきましょう。損害賠償は別個に請求できる権利なので、被害者が怪我をしていなくても相手に対して損害を請求することが出来るわけです。