Just another WordPress site

限度額

交通事故の慰謝料の限度額には制限がないことを知っておこう

交通事故の慰謝料の限度額は、一般的にどのようにして決められているのでしょうか。実は、交通事故に関する限度額については明確な法律的な制限は存在しないということを知っておかなくてはいけません。法律的な限度と現実的な限度の区別をしっかりと付けておかなくてはいけません。

そもそも、交通事故における慰謝料と言うのはどのようなお金のことを意味するのでしょうか。慰謝料は、被害者が事故によって受けた精神的な損害を賠償するために考えられたもののことを言います。交通事故によって生じる被害者の被害の程度はそれぞれのケースで全く異なっているため、個別具体的に判断しないと結論を下せないケースも多いです。そのため、精神的な損害という基準を一律に決めてその範囲でお金を請求することはできません。実際に、これは損害賠償との違いから見ていくと非常にわかりやすいです。損害賠償請求が行われるときには、その損害が生じた程度でお金を請求することが出来ます。交通事故の場合は実際に生じた物的な損害は自動車であるため、事故によって自動車が壊れてしまったときにはこの自動車の損害の部分だけ請求できるわけです。この点において、慰謝料と損害賠償は全く異なると言えます。

では、慰謝料を法律的に無制限に請求できるとして現実的なその相場を判断するためにはどのような判断基準で計算するのでしょうか。一つ大切な基準として考えられているのが、過去に起こった交通事故の事例を参考にすることです。交通事故は国内で何度も起こっており、実際に現在で生じている事故のケースと似たようなケースがいくつもあります。そのケースを見て、その当時支払われた慰謝料の金額を参考にして今回のケースにも当てはめて計算することによって公平な金額を被害者に対して支払うことが可能になっているのです。もちろん、これだけを参考にするわけではありませんが、過去に同じようなケースで支払われた金額は非常に参考になりますので多くのケースで利用されています。

被害者が交通事故の慰謝料を請求するときには、相場が100万円程度のものであったとしても1千万円でも1億円でも請求することが出来ます。しかし、請求した金額が必ずしも全額被害者の手元に入ってくるわけではないということを理解しなくてはいけません。限度額と現実的な金額の支払額には違いがあるということを理解してから、示談や裁判でお金を請求することが大事なのです。