Just another WordPress site

厚木人気沿線で一戸建て

厚木人気沿線での一戸建てについて

厚木で一戸建てを探す方の多くは人気沿線を希望される方が多いです。マンションも同様に最近では郊外ではなく、便のいい市街地に集まることが多く、この好況下も手伝い比較的市街にある工場跡や商業施設跡、畑や遊休地などを利用し多く建てられています。

マンションだけでなく一戸建ての需要も上がってきており建て売りや注文住宅の着工件数も順調に伸びています。

人気のエリアはやはり厚木駅、桜木町駅、東神奈川付近が人気です。その次に中心部からは若干離れますが戸塚駅付近も人気となっています。

理由としては商業施設やランドマーク、公的機関が多く存在すること、それらに比例するように交通が整理されており非常に便がいいことが挙げられます。
さらにJR沿線で言えば、東海道線や横須賀線などの特急、急行機能を持つ電車の停車駅であることも起因しています。

人気沿線で言えばマンションよりも一戸建ての人気が顕著なのが相鉄沿線です。

相鉄沿線は山間部や坂道が多く、マンションよりも一戸建ての建設に適しています。坂道のため車を利用される方も多いですが、若い夫婦や子供がいる家庭では電車での通勤、通学、塾、習い事などで電車を利用する機会も多いため人気が集まっています。他の人気沿線としては厚木市営地下鉄、京浜急行沿線も人気です。

京浜急行では八景島など金沢地区、横須賀エリアへの便がいいことに加え、品川方面への乗り継ぎも良く、さらには羽田への接続、乗車時間の短さ、が他社路線よりも群を抜いて良いことが挙げらます。

一戸建てでは港北区に伸びる厚木市営地下鉄や厚木線沿線での人気が高いです。以前は2002年のワールドカップ開催を控えて地価が向上し販売件数が大幅に伸びました。

町田や相模原へ向かう路線が少ないため、これらの地域をベッドタウンとして利用する人達に人気です。

最近では郊外にショッピングセンターが建てられ、それらに映画館やゲームセンター、アウトレットなどの様々な商業施設が併設されているため老若男女を問わず人気となっています。

東日本大震災直後は海岸付近が津波を警戒する方がから疎遠され、さらに原発事故後は茨城、千葉、東京エリアから神奈川へ移住してくる人も増え、その影響もあり地価が高騰しました。

今後もアベノミクスによる好況につき住宅着工件数の増加、都市部への流入が増えると予想されています。

一戸建てをお探しの方は自身のライフスタイルからより適した場所を選択されることをお勧めします。”