Just another WordPress site

戸建てと駐車場について

川崎で一戸建てを購入するときの駐車場について

川崎で一戸建てを購入する時、車を持っている場合は駐車場のこともしっかりチェックするようにしましょう。川崎で分譲住宅を購入する場合と、川崎で注文住宅を建てる場合では、チェックポイントが違ってきますので注意が必要です。

まず、分譲住宅の場合ですが、外構が完成した状態で販売されているのが一般的です。そのため、駐車場も既に出来上がっているでしょう。ここでチェックすべきポイントは、カースペースの広さです。所有している車を置くことができるか、駐車しやすいかなどを、チェックすることが大切です。

例えば、ワンボックスカーを2台所有している人であれば、かなりの広さの駐車場が必要になってきます。また、屋根つきにしたいと思う場合は、そのスペースがあるかどうか確認しましょう。

カーポートの屋根を支える柱をたてる場所があるか、また、その屋根が家の窓を塞ぐような事がないか、しっかりと確認する必要があります。その他、ゲートがついている場合はしっかりしたものであるか、動かしやすいか、チェックすることが大切です。

注文で一戸建てを建てる場合は、どの場所に持ってくるかを考える必要があります。出来るだけ一戸建ての玄関との出入りが楽な場所にするようにしましょう。アプローチと一緒になっているようなカースペースは危険なので、避けた方がよいです。また、向かいの一戸建ての駐車場と向き合わないように気をつけます。車の出入りが難しくなるためです。

カースペースの床面は色々な素材が使われます。一般的にはコンクリート打ちっぱなしですが、タイルやレンガを敷く人もいます。但し、割れることが考えられますので、何年かに一度はりかえる必要が出てくるでしょう。

コンクリート打ちっぱなしは殺風景ですが、中に少し飾り用のタイルを埋め込んだり、模様をつけてもらったりすると、個性的になってきます。

カースペースの大きさは、将来のことや暮らし方を考えて選ぶようにしましょう。子供がいる家庭では、今は1台でも子供が乗るようになって2台駐車スペースが必要になってくるかもしれません。また、来客が多い家庭の場合は、来客のための駐車スペースをとっておかないと、一戸建ての前に停めることになり、近所への迷惑になってしまいます。

駐車場の大きさとしては、1台の場合、横3メートル縦5メートルあれば、十分駐車することが出来ますし、出し入れも楽です。但し、面している道路の幅にもよりますので、周囲の環境もあわせて考えるようにしましょう。”