Just another WordPress site

相手への対応

交通事故の慰謝料に関しごねる相手への対応について

交通事故を起こしてしまった場合には、相手に対する誠意と出来る限りの賠償が必要です。その事故の状況や加害割合によりその対応は異なりますが、被害者の心象を悪くしないような対応をすることで、円満に解決することが何よりも優先するものです。
しかし、こちらが出来る限りの誠意を尽くしても、交通事故を理由に不当な利益を得ようと考える人もいるので注意が必要です。その場合には保険会社や弁護士などと早めに相談し、必要な措置を早めに講じることが大切です。

交通事故を起こしてしまった場合には大抵の場合には気が動転し、相手の言いなりになってしまう場合が多いのですが、これは非常に問題になります。特に慰謝料の金額などでごねる相手の場合には、事故直後の言動を縦にして不当な要求を突き付けてくる場合が多いのです。その為、日頃から万が一交通事故を起こしてしまった場合の対応をしっかりと意識しておくことです。

交通事故を起こしてしまった場合の対応は、まずは警察を呼ぶこと、怪我人がいる場合には怪我人の救助を最優先とすることです。警察が現場検証に来る前から示談交渉を始めたり、怪我の程度を具体的に相手に確認したりすることは避けるべきです。この際に相手に確認すると不当な相手の場合には体のここが痛いとか、ごねることが良くあります。そのような機会を相手に与えないことが大切でなのです。また慰謝料の額をその場で決めてしまうのも非常に危険です。その場は安く収まったとしても、のちに追加の慰謝料を請求してくることが多いからです。

基本的に交通事故を起こしてしまった場合には、まずは警察に現場検証をしてもらい、その後の交渉は保険会社に一任するのが一番です。保険会社では交通事故の度合いにより慰謝料などを算定するマニュアルを持っているので、基本的に警察の事故証明書や医師の判断に基づいて適正な慰謝料を算定してくれます。また相手がごねるなどの場合に置いても保険会社でこれらの問題に詳しい弁護士を担当させてくれますので、最終的には円満に解決してくれます。

交通事故を起こしてしまうことは自らの不注意や驕りが原因の事が良くあります。特に相手に損害を与えてしまった場合には申し訳ない気持ちになってしまい、ついつい相手の言いなりになってしまいがちですが、相手によっては事故を利用することを考える人もいるのです。このようなデリケートな問題は保険会社や弁護士など、知識が豊富で公正な立場の第三者に任せる方が安心です。