Just another WordPress site

LAN配線を行う

厚木の一戸建てにLAN配線を行う

厚木などの都市部では、インターネットが古くから普及しています。その為、自分の家に光ファイバーなどを引いてインターネットを使用する人が増えています。

インターネットが普及し、自宅でインターネットショッピングを楽しんだり、パソコンで映画などを見ることもできるようになり、テレビまでもがインターネットに接続され通信出来る時代になっています。今や、家庭にインターネットは必需品になってきています。

その為、インターネットに接続される機器も増え、パソコン、テレビ、プリンターなど、複数の機器を家庭でインターネットに接続して利用することも珍しくなくなりました。

自宅をオフィス代わりにして、インターネットを利用しビジネスを行っている人も少なくありません。その為、自宅の中にLAN配線を行って、ネットワークを作っている人も多く、特に、厚木のような都市部では、非常に利用者が増えています。

そこで、最近の新築の一戸建ての中には、あらかじめLAN配線を施した家が増えてきています。

これは、一戸建ての中に予めインターネットを利用することを前提に家の中にLANコンセントを設置し、壁の中で配線することによって、パソコンなどをインターネットに接続する際にはコンセントにLANケーブルを差し込み、その先にパソコンを接続するだけですぐにインターネットが使用できる形にしているのです。

一戸建てに住む人が簡単にインターネットを利用でき、また配線の煩わしさを気にすることなく利用することが出来るとともに、コンセントが各部屋にあることによって、好きな部屋のどこでもインターネットが簡単に利用できるようになり、非常に便利です。

また、LAN配線を一戸建ての家の壁面の中に行うことによって、ケーブルが見えなくなりすっきりします。通常、LANの配線を行う場合にはHUBなどの接続機器を使用しLANケーブルを引き回す必要があり、そのケーブルが床などに配線されると非常に見た目が悪く、また躓いたりといった事故にもつながり非常に危険です。

その為、壁面に配線を施すことで、その事故の危険を未然に防ぐこともできます。特に、小さい子供のいる家などでは、ケーブルやネットワーク機器は危険なものですので、できるだけ子供の手の届かないところに隠すことが必要です。

その為、見えない壁面に配線するのは安全面でも非常に良い方法です。
さらに、厚木にはおしゃれな一戸建てがたくさんありますが、その内装も非常におしゃれな家が多く、LAN配線も壁面に上手に配線されている場合が非常に多いのです。”