Just another WordPress site

一戸建てと頭金の関係

川崎の一戸建てと頭金の関係について

家を購入する場合、様々な不安材料がありますが、頭金に対する拘りも相当な部分を占めるのでは、との立場です。現在では頭金に拘ることなく、家を購入することも可能となりました。

このシステムは、家を購入する「購入層」に対し、狭く限定するのではなく、誰でも家を購入できる可能性の範囲を広げた。との視点で見ると便利なシステムに写るのですが、果たして弊害は無いのでしょうか。

そこで、川崎で一戸建てを購入する計画の場合、頭金無しで計画した場合と、世間で常識とされている、概ね30%程度の頭金を用意し、計画した場合について比較検討したい思います。

最初に考えたいことは、川崎の一戸建てに限定することなく、そもそも、一戸建てを購入する場合、自己資金とも言われる「頭金」はどのような性格を有しているのでしょうか。金融機関の担当者的感覚で捉えると、毎月決められたお金を家計から捻出し、金融機関等に預託する習慣が備わっている家庭なのか、そのような事には頓着しない家庭なのかを見極めるための手段である、との意見が大勢を占めているようです。

理由は、このような習慣は原資となる、毎月安定した収入が無ければ出来ない事ですから、その状況を見極める事もありますが、それ以外の要件として、収入の多い、少ないに関係なく、ご自身が決めた金額を毎月家計から除外し、家計以外の目的に使用するため、金融機関若しくはそれ以外の方法で、流動的に運用するか、固定的にストックするか、を確認する最重点事項とされているようです。

川崎の一戸建てを購入する計画で、総額をローンで賄う場合にあっても、返済を可能とする収入が確保されていれば、金融機関とすれば、良いお客様である要件を満たしている。と考えがちですが、金融機関の見解によると「いくら高額な収入があっても、毎月使い果たす家庭であれば、ローン返済に充当する事は不可能」だそうです。

つまり、一戸建てを購入する場合の返済金額と、家計から毎月除外し、ストックしている金額とのバランスに問題があるのか、無いのかが決め手となるようです。

概ね3年の期間を要する住宅ローンにあって、その期間、確実に決められた収入を確保できるのか、出来ないのかについては、強かな金融機関であっても予測は不可能であり「神ぞ知る」世界の、出来事なのです。

そのような事を加味すると、一戸建てに必要な最重要事項は「お金をストックする習慣」に対する取り組みの是非であると考えるのです。”